毎日を楽しく

日々思うことを書いていきます。

新聞やメールの整理

f:id:fancy-freelife:20170814081053j:plain

せっかくのお盆休みなのに、天気がよくありません。7月ごろは今年は猛暑になると聞いていただけに拍子抜けというか、何とも気持ちの盛り上がらない夏です。やはり夏はカンカン照りの方が気持ちよくて好きです。中途半端な状態よりも、行くところまで行ってほしいです。「激辛カレー」を銘打っておきながら市販のカレーより少し辛いぐらいというレベルではなく、食べると胃がキリキリと痛むようなそんな塩梅の方が好きです。今朝も小雨が降っており、半そででは寒いです。なんとなく蝉の声も元気がないような・・・

さておき、まとまった休みがあると今までできなかったことができてうれしいです。渋滞が嫌なので帰省と旅行は取りやめましたが、部屋や車の掃除、たまっていた郵便物の整理、家計簿をつけたり(いつも財布がレシートでいっぱいなので)、新聞を読んだりやるべきことが多いです。掃除はともかく郵便物や新聞を読むのって本当は毎日すべきことなんですが、そんなこともできてないんだなぁ、と改めて今のライフスタイルが良くないことを痛感してます。

何かを読むことは好きなので本を買ったり借りたりするのは人より多いと思います。さらに先月から日経新聞をとるようになったのでそういったもので部屋が散らかっています。プライベートのメールも大多数が広告とは言えいろいろたまっています。読むことが好きといっても量が増えてくると読むこと自体が目的になったり、ついつい流し読みになってしまいます。「考えずに読書することは噛まずに食事することと同じである」というのは昔読んだ英語の参考書の例文ですが、なぜかよく覚えています。もっとうまく情報を処理、整理する能力を身につけないといけないです。

一応過去の失敗を踏まえて、自分なりに4つの結論を出しました。

①時間の制約がある以上、不要なものはどんどん切り捨てる

本当はじっくり時間をかけて全てに目を通したいんですけど、新聞を隅々まで読むことは仕事をしている人には難しいのではないでしょうか。一応見出しには目を通して大意は理解するようにしています。

②情報は点在させるのではなく、どこか一つに集約させる

複数のノートに色々書くのではなくて、一冊のノートにまとめてしまった方がよいです。「あれ、あの時のメモどこに行ったかな」という情報を探す時間も省けます。紙ではなくてパソコンやスマホに入れてしまった方が検索も早くできますね。

③古いもの、使わないものはどんどん捨てる

新聞を立て込んでしまうと1週間前のものがまだ部屋に残っていたりしますが、基本的に時事関連のニュースは価値のない情報になってしまっています。選挙が終わってから結果を予想する記事を読んでも意味がないですもんね。

④小さなものに変える

本を買うならハードカバーより文庫版を買う。新聞は電子版にするなど、物理的に小さく収めるのって大事だと思います。特に新聞は結構な量になります。古紙回収のタイミングを1回逃がすと1か月間、新聞の束が部屋を占拠することになります。不要なものが部屋にある時は気づきませんが、なくなるとどれだけそれが邪魔であったかに気付きます。

えらそうに色々書きましたが、当たり前といえば当たり前ですね。皆さんの情報整理の方法もすごく気になるところです。