読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しく

日々思うことを書いていきます。

「相談役」、「顧問」は必要か

日の出が早くなってきました。6時半ごろにはもう明るくなります。春が近づいてきています。

さて、4日前の記事ですが面白いものを見つけました。

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

大きい企業になるとだいたい設置されてされているであろう「相談役」「顧問」。だいたい引退したような年齢の人が就くケースが多いので、実務をやるわけではなく、昔功績を立てた人を称えるための名誉職的な意味合いが強いと思いますが、それにしても何をしているのかいまいち分からない役職ですよね。記事に書かれているように年収2,000-3,000万、個室、秘書、接待も使えるなんてことが事実だとしたら一般社員からしたら夢のような待遇です。

 

引退した人にここまで尽くす必要性があるのかと、疑問に思ってしまいます。政治家にせよ財界人にせよご意見番の長老みたいなのがいつまでも居座っていてはそれよりも若い世代が成長しないので、一定の年齢に達したら潔く身を引いて一切の会社の業務や経営方針に口を出すことはやめたほうが良いと思います。特に政治家なんて50歳を過ぎても若手と呼ばれることがありますが、異常です。年齢が上だから、だとか過去に功績のある人だから、なんて理由で長老に遠慮して30代、40代が活躍できる機会が制限されるのは本当にもったいないです。ですので私も相談役や顧問は不要と思います。

 

最近は「うちは成果主義です!」という会社も増えてきましたが、昇格の条件が「5年間今のポジションに在籍しており、上司の推薦を受けて論文試験にパスすること」とか、実質ほとんど横並びに昇進するようになっており、結局年齢が上の人間が早く偉くなるようになってます。役職のなく年齢を重ねた人にもだいたい「スタッフリーダー」とか「プロジェクトリーダー」とか「スペシャリスト」とか横文字の謎の役職が与えられます。(相談役、顧問もかなり謎ですが)

 

古い体制を一掃しようという動きの中でこの「長老システム」と「精神論的残業文化」がひたすら根強く残っていることが不思議で仕方ありません。

 

先輩後輩というこの古い価値観も改める時だと思います。中学生ぐらいであれば1年年齢が違うだけで結構精神的な成熟度に差があるので、まだ分からなくもないのですが、大学を卒業した20才を過ぎた人間に対して入社が1年、2年先というだけでその人の方が偉い、となってしまうのは正当性がありません。それぐらいの年になればみな精神的な成熟度は同じレベルに達しているのですから、「誰が言うか」ではなくて「何を言うか」で判断されるべきでしょう。年上を敬うことは大事ですが、年下を敬うことも忘れてはいけません。互いに尊敬しあう、つまり対等な関係でいいと思うのですが、これだとだめなんでしょうかね。

 

偉そうなことを書いた手前、自分が老害になっていないか、わが身を振り返ってみることにします。