毎日を楽しく

日々思うことを書いていきます。

メールのマナー(?)

分かってはいましたけど、年明けの仕事始めはこたえますね・・・ 

何がいやかというとパソコンを開いて大量のメールが溜まっているのを見るのがきついです。年末年始で周りの人も休んでいるのかと思いきや、結構元旦の直前直後に発信されたメールがあるんですよね。わがままかと思われるかもしれないんですけど、休日にメールを受信しているのって精神的にいい気がしないんですよ。

確かにメールの利点として相手が不在でも連絡することができるという点があります。しかしこういう年末年始の場合は「あなたが休んでいる間も私はこんなにも真面目に仕事してますよ」とか「私は早々にメールを送ってすでに1週間たってるんですよ。早く返信してきてくださいよ」という無言の圧力を感じたり、またそういう性格の人とやり取りをしているのかと思うとなんとなく気が重くなってしまいます。そういう意図があるかどうかは分かりませんが、メールとはいえ常識的な範囲で送ってほしいと思ってしまいます。同じ1通のメールであっても、1月4日に12月30日に書かれたメールを受信するよりも、1月4日には1月4日に書かれたメールを受信する方が気が楽です。これは休日の夜にも言えますね。夜の11時とかにメールが入っているのを見るといい気はしません。だから私は相手が休みの日や夜には電話はもちろん、メールも送りません。受け手に変なプレッシャーをかけたくないからです。

もう一ついやなメールという話をすると、CCで入ってくるメールも面倒の代表格です。明らかに自分に関係のない内容であっても受信した以上は目を通さざるを得ないですし、最初から自分がやり取りに含まれていればまだしも、やり取りの途中からメールを受けた場合、メールを最初までスクロールして読むのって本当に時間がかかります。発信者は当然ながら当事者なので内容は100%理解していますが、途中からCCメールの受信しただけの人は1回読んだぐらいでは内容が頭に入りません。しかしメールの送信者は「メールを送ったので理解してもらっていると思うけど・・・」という前提で話をしてくるので困ります。ホウレンソウが流行したり、コンプライアンスが厳しくなって社内のルールが厳しくなるのは分かりますが、安全のため何でもかんでもCCで全員に送っておく、というのは好きではありません。一日に大量にCCメールが入ってくるのはかなりストレスになります。

あとは会社の文化によるんでしょうけど、細かなメールのルールが結構煩わしかったりします。私が違和感を覚えるのは社内の人間の宛名を「〇〇様」とか書いたり、「いつもお世話になっています」とか他人行儀な書き方をすることです。社内なんだから、さん付けで面倒な挨拶は省いて簡潔に用件を伝えた方が効率が良いと思うのですが、こういうのを気にする人は必ず一定数います。他人の文章の添削が好きな上司っていますよね。メールだとかレターだとか、赤字でいっぱい訂正されて突き返されるんです。私も新入社員のころにはやられましたが今振り返ってみて役に立ったとは思っていません。うるさいのは社内の人間だけで、客はそこまで気にしていないものです。

メールのマナー、というほどきちんとしたルールがあるかは分かりませんが、受け手が嫌な気持ちにならないように心がけたいです。